Warning: getimagesize(../up/click_2009041812183496.jpg) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/hosting_users/tybolt1/www/community/view_jp.html on line 101
  제목 : [漢江] ハンガン
  작성자 : 이은애
  첨부파일 : click_2009041812183496.jpg ()



 

漢江
ソウルの中心を流れる川「漢江」。全長は、514.4キロメートル、流域面積は2万6279平方キロメートル。朝鮮半島では、鴨緑江、洛東江に次続く第三の河川として知られています。漢江は、太白山から流れてくる南漢江と、北朝鮮の金剛山から流れてくる北漢江とつながっています。この南漢江と北漢江が、両水里(ヤンスリ)付近で合流、そして韓国の首都ソウルの中心部を貫流し、引き続き北西に向かい、臨津江と合流、さらに江華島付近で黄海に注ぎます。漢江の流量は季節ごとに変化が大きく、1~2月は少なく、7~8月は多くなっています。
水資源の保存と活用を目ざして多目的ダムが建設されています。



漢江の歴史と歩み 朝鮮半島の真ん中を流れる漢江は、まさにソウルの光栄と試練をそのままを映し出しています。三国時代には百済・新羅・高句麗の領土争いが漢江流域で多数起こり、幾多の戦争を経験しました。朝鮮時代には、1394年に漢陽(現在のソウル)が首都となります。もしソウルにこの漢江が流れていなければ、朝鮮の首都にはならなかっただろうとされています。1900年以降ソウル駅と仁川を結ぶ京仁鉄道が開通し、さらには鉄橋が次々と誕生していきます。朝鮮戦争後、韓国は高度成長期を迎えます。漢江はこの韓国の農業近代化・工業化など、経済発展のための動脈として貢献します。その結果この高度成長期のことを漢江にちなみ「漢江の奇跡」と呼ばれてます。そして1988年のソウルオリンピック以降、漢江周辺の整備が著しく進み、現在は漢江遊覧船や公園といった観光施設が誕生、さらにはイベントなども多く催され、ソウル市民の憩いの場としてはもちろん、外国人観光客の観光コースとしても親しまれています。



住所 ソウル市城東区(ソンドング)聖水洞1街(ソンスドンイルガ) 685-124(漢江事業本部)
電話番号 02-120※夜間:02-3780-0777(漢江事業本部) 
営業時間 (平日)8:00~19:00/(休日)9:00~17:00